手軽になった写真撮影がゲームになった

高性能のカメラも安くなりましたね。

また、スマホに搭載されている内臓のカメラもクオリティの高い写真が撮影できるようになり、撮った写真をSNSにアップして、公開するのも簡単になってきました。

昔のフィルムカメラでは、高価なフイルムを無駄にしたくない、撮れたものは現像するまで分からないということから、カメラの敷居はかなり高いものでしたが、いまはその逆で、これほど手軽に始められるものはありません。

大学のキャンパスライフでは、様々なシーンをカメラに収めることができるし、誰でもが簡単に写真を撮ることができるため、最高の1枚という概念が薄れ、とにかくシャッターを切って、とりあえず写真を撮る人が多いようです。

でも、簡単に取れるから、より良い写真を撮るようにして、残すのは最高の1枚だけにするのが良いのではないでしょうか?

そんなキャンパスライフの写真撮影がゲームになったのが『美少女全鑑キャンパス編』です。

出演している女優を女子大生に見立てて、最高の1枚を撮って、写真集にするとどんな願いも叶うというちょっと面白そうなゲームで、スマホでもパソコンでも楽しめます。