スマホの中に妖怪がいる?

目に見えないもの?に妖怪は入るのだろうか?

そもそも、妖怪がいるのかいないのかということになりますが、お話としては妖怪のような存在は、私は嫌いではありません。

ちょっと怖いと感じる部分もありますが、科学では説明のできない部分の補完をするような、ロマンを感じてしまうからです。

実は、私のスマホの中にも妖怪がいます・・・それは、妖怪リング~もののけ娘って言う可愛いタイプの妖怪です。

この世のエッチは妖怪の仕業?という観点で作られたゲームのようで、妖怪ウォッチを参考にしたのでしょうが、ちょっと面白い作品です。

スマホで、しかも無料で遊べるので、気分のリフレッシュにおすすめのゲームです!!

スマホの買い替え時期

そろそろスマホの買い替えを検討する時期かもしれません。

2年前に購入した非国産スマホは、端末代の支払いがようやく終わりました。

当時は国産スマホの端末代の高騰に驚いたのと、世代のスマホがしょっちゅうフリーズしていたことから、せめてホームボタンはあった方がという思いから、この端末を購入しました。

正直、値段の割にはブラウザの動作もウインドウを多くしても安定していて、カメラの画素数も多い部類に入っていたので、気に入って使っていました。

ただ、非国産スマホの宿命(似た系統を使っていた友人からも同様のケースを聞いたので)かもしれませんが、経年劣化での性能の落ち方が激しいですね。

特にブラウザのフリーズがだいぶ増えてきました。動画の埋め込みやバナー広告を大量にいれるサイトが増えたせいもあるのですが、やはり昔と比較すると重いですね。

先日ドコモショップを見てきたら、一周廻って端末代の相場も落ち着いてきました。その分、通話やパケットプランがまた高くなってきたのかもしれませんが。

今度は国産にしようかと思案中です。

NavyFIELD NEOにハマった時期

2002年から2012年にかけてNavyFIELDという第二次世界大戦の海戦をテーマにしたオンラインゲームがありました。

プレイヤーは日本・アメリカ・イギリス・ドイツの4ヵ国(後にフランスやソビエト)の駆逐艦から戦艦、空母などといった艦船を操作して、敵を沈めるというゲームでした。

ウルティマオンラインやラグナロクオンラインといったオンラインゲームとは違って、大人数が遊ぶゲームではありませんでしたが、第二次世界大戦の艦船というコアな部分がゲーマーの心を刺激して私は当時主にイギリスの艦船を用いて遊んでいました。

特に空母(ゲーム内ではCV)で爆撃機を用いての戦法が得意で、ゲーム内で開催された世界大会では日本代表として世界大会に出場して優勝したこともありました。

とても面白いゲームだったのですが、残念ながら日本ではサービスが終了してしまい現在ではアメリカサーバーで遊ぶことが可能になっています。

データ移行も行われておりましたが、その期間中には別のゲームに夢中になっていたので移行し忘れてやりたくなってもやれないという事が起きてたまに思い出しては後悔してしまいます。

そして今、ハマっているのは、スマホエロゲーです。オンラインでちょっとエッチな体験をできるので暇つぶしにはもってこいです。